ベジファスの解約は電話するだけ!定期コースも縛りなし☆

目安時間:約 12分

\今なら継続回数の縛りなしでお得/

多くのメディアや雑誌で話題沸騰中のベジファス!ベジタブルファースト(食事の初めに野菜を食べること)が無理なく実践できる機能性表示食品のゼリーで、味も美味しく続けやすいと人気です。

そんな話題のベジファスですが、試してみて合わなかった時のことを考えると購入するか悩みますよね。そこで、すぐに解約できるのか?手続きは簡単か?などベジファスの解約の仕方について調べてみました。

 

 

ベジファスの解約は電話するだけでOK

ベジファスの購入は公式サイトの定期コースがとってもお得になっています。でも、定期コースだと止めたくなった時に簡単に解約できないのでは?と購入を迷う方もいると思います。そこで、ベジファス定期コースの内容と簡単な解約方法をまとめてみました。

 

 

〈定期コースの内容〉

・初回は通常価格の50%OFFの¥2,980でお試しできます!

・2回目以降も23%OFFの4,600というお得な値段で続けられます。

・ずっと送料無料です!

・継続回数の制約がないのでいつでも解約できます!

 

 

〈解約方法〉

ベジファスの解約は電話1本で完了するのでとっても簡単です!

 

下記フリーダイヤルに電話するだけ!

専用ダイヤル:0120-311-138

 

登録電話番号(契約者確認のため)と解約理由を聞かれますが、無理な引き留めなどは一切ないので安心してください。

所要時間は2~3分程度でスムーズに手続きは完了します。

 

ベジファスは公式サイトの定期コースだと、2箱30日分を半額の¥2,980でお得に試せますし、自分には合わないなと感じればいつでも止めることができます。

解約方法も面倒な手続きなど一切なく簡単なので、気になる方はお得に試せるこの機会に「ベジタブルファースト」を始めてみてはいかがでしょうか。

 

お得にベジファスを始められる公式サイトはこちら↓

ベジファスで痩せない人の共通点って?

ベジファスは食前に食べるだけで無理な食事制限をせずに痩せられると、多くのメディアなどでも注目されていますが、中にはダイエットには効果がない、痩せないと低評価の人もいます。

そこで、なぜ痩せられない人がいるのか?痩せない人の共通点からその理由を探っていきたいと思います。

 

 

〈痩せない人の共通点〉

・ベジファスを食べるタイミングが違う

・試す期間が短い

・食生活に合っていない

 

痩せない人にはこのような共通点が多くありました。

 

〈効果的な食べ方〉

揚げ物や糖質の多い食事の15分ほど前に食べるのが一番効果的です。

なぜ食事の15分前なのかというと、ベジファスには多くの食物繊維が含まれており、その食物繊維を食前に摂取することで血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。さらに、食物繊維を取ってから15分で食欲を抑制する効果が出てくるので食事の15分前に食べるのが一番効果的なのです。

*血糖値は急激に上がると急激に下がり、血糖値が下がると空腹感が出てきてしまいます。そのため、血糖値の上昇を緩やかにすることで満腹感を長く得られ、間食などの防止にもなります。

 

〈効果が出るまでの期間〉

効果を感じるには1ヵ月ほど続ける必要があるようです。

ベジファスは薬ではないので短期間で劇的に痩せることはありません。

無理なく食生活の改善をすることで痩せやすい身体になっていきます。

 

〈効果を得にくい人〉

ベジファスは炭水化物(糖質)などによって急激に上昇する血糖値を緩やかにしてくれるものなので、普段から油物や糖質の高い物を食べていない人にはあまり効果はありません。

 

「炭水化物や油物を食べない」という食事制限をしている人にはあまり効果がないようですが、逆に「炭水化物をよく食べる!間食もしちゃう!」という人には効果大!なのでぜひ試してみてください。

*効果を得るためには、ある程度の期間効果的な食べ方を継続してみてください。

 

効果あり!な口コミを集めてみました

ベジファスは本当にダイエットに効果があるのか?実際に試した人たちの口コミから検証していきたいと思います。

 

【ベジファスの口コミ①】

持ち運びしやすく外食の時にも簡単に食べられ、味も美味しいのでぜんぜん苦になりません。前は昼食と夕食の間におやつを食べないとおなかが空いていましたが、ベジファスを食べるようになってからは夕飯前におなかが空くことが無くなりました。

 

【ベジファスの口コミ②】

食事の前に食べるだけで簡単なのと口コミでの評価もよかったので試してみることにしました。ゼリー1本でそんなに変わるはずないと思っていましたが、いつもより少ない量の食事で満足出来るようになったのでビックリしています。

 

【ベジファスの口コミ③】

まり体重の変化はありませんが、便秘が解消されポッコリと出ていたおなかが少しすっきりしました。

 

【ベジファスの口コミ④】

ベジファスを食べて味噌汁などの汁物を食べるだけで結構満足感があります。お米を食べる量が自然と減っているので、これからの体重の変化が楽しみです。

 

【ベジファスの口コミ⑤】

我慢せずに食事の量を減らせて、味も美味しいので無理なく続けられそうです。最近、少しずつ体重も減ってきて体も軽くなり、体調もすごく良くなりました。

 

口コミでは「おいしい」「間食をしなくなった」「食事の量が減った」「便秘解消」など嬉しい食生活のへの効果が多く評価されていました。

 

簡単に美味しく食べられて、無理なく食生活の改善ができれば健康的にダイエットできますね!ベジファスならリバウンドの心配も少ないですし、初めの1ヵ月は半額の¥2,980で試せるので気軽に始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

こだわり抜いた成分を徹底解説

ベジファスは野菜不足とダイエットをサポートしてくれる機能性表示食品(健康の維持及び増進に役立つ食品)ですが、なぜ健康維持・増進に役立つのか、どのような成分がダイエット効果を生むのかなどベジファスのについて調べてみました。

 

【ベジファスに含まれる成分】

〈難消化性デキストリン〉

水溶性の食物繊維で、小腸での糖や脂肪の吸収を抑える働きをします。また、食後の血糖値や血中中性脂肪値の上昇をおだやかにする働きがあります。

この他にも整腸作用や内臓脂肪を低減させる効果もあるので、健康維持や増進にとても役に立ちます。

 

〈水溶性食物繊維〉

レタス23個分の食物繊維をスティック1本に凝縮しています。

水溶性食物繊維は水に溶けるとドロドロのゲル状になり、胃腸内をゆっくり移動することでおなかが空きにくくなります。

また、糖分の吸収を緩やかにしてくれるので、血糖値の上昇や脂肪吸収を抑えることができ、糖尿病予防に効果があります!

さらに、水溶性食物繊維は善玉菌のえさになるため腸内の善玉菌の活動が活性化されます。

善玉菌が活性化すると腸内環境が整い免疫力が上がるので、肥満や老化防止に効果があります。

 

〈発酵エキス〉

80種類の野草・野菜・果実などをじっくり発酵・熟成させて出来たエキスを配合しています。健康・美容・ダイエットなどに効果のある栄養満点の発酵エキスです!

 

〈おいしさの秘密〉

沖縄シークワーサーとレモン酢を使用し、スッキリした柑橘系の味で食べやすくしています。酢を使用していますが、ツンとした嫌な酸味はないので酢が苦手な人でも美味しく食べられます。

 

 

ベジファスには健康や美容に効果のある成分がたっぷり配合されているので、ダイエットのサポートだけでなく、健康の維持・増進に大きく貢献してくれます。

また、健康成分だけでなく味にもこだわり、我慢や無理をすることなく続けられるのもうれしいポイントですね!

 

 

ベジファスの購入は本当に楽天でいいの?

公式サイト以外でベジファスの購入はできないのか?どこで購入するのがお得なのか?ベジファスの販売店について調べてみました。

 

まず、家の近くの薬局やドラッグストアなどで手軽に手に入らないか調べてみましたが、薬局・ドラッグストアなどではベジファスの取り扱いはありませんでした。

 

次に、Amazonや楽天などの大手ネットショッピングサイトでの取り扱い状況を調べました。

 

〈Amazon〉

15g×15本入り(半月分):\3,180(送料無料)

15本入り2箱セット(1ヵ月分):\5,700(送料無料)

取り扱いはありますが、在庫状況が不安定なので在庫切れになる可能性があります。

また、値段も公式サイトの初回価格1ヵ月分\2,980(送料無料)の方が格安です。

 

〈楽天〉

15g×15本入り(半月分):\3,025(送料無料)が楽天での最安値でした。

複数のショップから売り出されていましたが、Amazonと同じく在庫状況が不安定になっています。

 

 

ベジファスはAmazon・楽天などのショッピングサイトでの購入も可能ですが、在庫状況が不安定で在庫切れになる可能性が大きいのと、値段に関しても楽天の最安値\3,025(15本半月分)と公式サイトの初回価格\2,980(30本 1ヵ月分)では公式サイトの方が断然お得です!

 

公式サイトの定期コースなら2回目以降もお得な10%OFFの価格でずっと購入でき、継続回数の縛りや面倒な解約手続きもないので、止めたくなったらいつでも解約できます。

 

\今なら継続回数の縛りなしでお得/


カテゴリ:健康食品 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ